これ使ってマウントさせてから rsync 等でコピーして、nginx 側で以前のメディアへのアクセスを置換させ対応。

これはこのはちゃんに限るかもしれませんが、cloudfuse でマウントしたオブジェクトストレージのファイルには日時の変更ができません。
そのまま rsync を実行するとファイルは同期取れるけどエラーが大量に流れると思います

とりあえず、のオブジェクトストレージへの移動は cloudfuse を私は使いました。
ローカルディスクとしてマウントできるツール。

オブジェクトストレージをファイルシステムとして使ってみよう | ゲームアプリの開発・運営を支援する【GMOアプリクラウド】
cloud.gmo.jp/blog/2016/10/6908

フォロー

あと ConoHa Object Storage の場合、丼のメディア領域として使用するにはそのコンテナ自身のヘッダに X-Container-Read: .r:* をして誰でも読み取りできるようにする必要があります gihyo.jp/dev/serial/01/conoha/

ログインして会話に参加
taruntarun.net

taruntarun.net - Mastodon